効果的に!復縁のカギを握るのはデートの誘い方

効果的に!復縁のカギを握るのはデートの誘い方

効果的に!復縁のカギを握るのはデートの誘い方

 

 

復縁を考えている人にとって、復縁したい相手との「デート」はすごく勇気のいるものですよね。
特に、相手と連絡を取れるようになってきたら「会いたい」「デートしたい」…そんな風に思うのは当然のことかと思います。

 

なら早速デートに誘ってみましょう!
会ってみちゃいましょう!!

 

『そんな簡単じゃないよ!!』
そうです。
そんな簡単にいかないからこそ皆さん悩んでいるのかと思います。
では、なぜ簡単じゃないのか…
それは、「デートに誘って断られたらどうしよう」という不安があるからですね。
さらに、一度誘って断られている人からしたらまた断られるのではないか?と思ってしまうものです。

 

実は、男性がデートの誘いを断る理由のほとんどは、「誘い方が曖昧だから」なんです。
ここではそんな「曖昧にならない誘い方」をお伝えしていきます!

 

 

効果的に!復縁のカギを握るのはデートの誘い方

 

 

デートをしたいと思って相手を誘うとき、大体の人は「デートがしたい」と誘わないかと思います。
おそらく大半の人は、「ご飯でもどう?」などの誘い方をするかと思います。
仮にここで相手の反応が「いいよ!」などと返ってきたとしても、実際にご飯を食べに行くかはどうでしょうか?

 

これが先ほど挙げた「誘い方が曖昧」というものなのです。
「いつ行くのか」、「どこに行くのか」が今回のカギになってきます。

 

では、具体的にデートを誘うための方法をご紹介していきます。

 

もちろん、先ほどの会話のあとに
「いつ空いてる?」
などと続けて会話するのもありかと思いますが、誘ったからには近日中には行っておきたいものですし、約束した日程が遠ければ遠いほど、相手はその約束を忘れてしまう可能性もでてきてしまうものです。

 

そこで重要になってくるのが、「自分の予定」になってきます。
相手の日程に合わせるのももちろん大事ですが、「いつ暇?」などと聞いてしまう時点で、その約束は少々曖昧になってしまっている傾向にあるのです。
なので、あらかじめ自分の日程を送ってしまうことが重要になってきます。
例えば、夕飯を一緒に食べに行くような約束なのであれば、「今週は〇〇時以降は空いてるけどどう?」などの誘い方は強引さがなく良いかと思います。

 

 

 

 

次に「どこに行くのか」です。
もちろん、男性がデートに誘うようなエスコートまではなくていいかと思いますが、ここで避けた方がいい場所は、「お互いにとって付き合っていた時期を思い出してしまうような思い出の場所」です。

 

復縁をするにあたって、まずは「友人としての信頼関係」を築くことが優先されます。
久しぶりに会う場所が「思い出の場所」だったら、相手に未練があることがばれてしまいますよね?
それは「友人としての信頼関係」ではなくなってしまいます。

 

ですので、先ほどのように夕飯を一緒に食べに行く約束なのであれば、「○○っていうお店があるんだけど、一緒に行かない?」などの誘い方が違和感なく誘えるかと思います。

 

他にもたくさん「曖昧にならない誘い方」があるかとおもいます。
ぜひこれを参考に、デートを楽しんでくださいね♪

 

こちらの記事も参考になればと思います。

 

 

復縁したい人必見!きっかけはメール