これで決まり!喧嘩別れの復縁のコツは素直になること

これで決まり!喧嘩別れの復縁のコツは素直になること

これで決まり!喧嘩別れの復縁のコツは素直になること

 

 

喧嘩別れをしてしまった相手と復縁したいと考えている人、多いのではないでしょうか。
近年、素直に相手に気持ちを伝えられずに困っている人も多いくらいので、意見の食い違いやそんなつもりで言ったわけじゃない、やったわけじゃないなどの喧嘩別れも多いのではないかと思います。

 

そんな喧嘩別れをしてしまうと、ふとしたときに後悔してしまい、復縁したいと思うのも当然です。
ですが、喧嘩別れの復縁って、なんだかハードルが高いような気がしますよね。
今回はそんな喧嘩別れしてしまった方でも、なんとか復縁できる方法をご紹介していきたいと思います。

 

 

 

 

まず初めに、喧嘩別れをしたときに重要になってくるのが、「お互いが落ち着いた」といえるような時間です。
喧嘩別れは、基本的にお互いの一時的な高ぶりであると言えます。
もちろんそうでない場合もありますが、一時的な感情の高ぶりを一度落ち着ける時間が必要になります。

 

喧嘩の内容にもよるかと思いますが、一度ヒートアップした感情を落ち着かせるためには、大体2週間〜1か月かかると言われています。
逆を言うと、これより短いとまだ熱が冷めていない危険があり、またこれ以上時間をおいてしまうと、今度はお互いに好きという感情が薄れてしまうのです。

 

 

 

 

では、この期間のあと、どのように復縁へと運んでいくのが重要になってくるかと思います。
実は、方法は簡単なのです。
「気持ちを相手にしっかりと伝える。」
いやいや、伝えたら復縁できるのであればこんなに悩んでいない!と思う人も多いかもしれません。

 

喧嘩別れをしてしまった後、付き合っていたころと同じように連絡をとり続けるカップルはなかなかいないかと思います。
つまり、喧嘩が原因で途切れてしまった連絡を改めて連絡するというのは、とってもハードルが高いのです。
しっかり伝えられていないからこそ、喧嘩別れの復縁が難しいと思われている原因なのです。

 

ここでしっかりと「気持ちを伝える」わけですが、この伝え方はメールや電話ではなく、直接伝えることが重要になってきます。
電話だと言いにくいことも言いやすくなるかもしれませんが、誠意は見えません。
メールだと文章になってしまうので、感情まで上手く伝わらなくものです。

 

 

 

 

そして直接会ったときに、また喧嘩にならない秘訣があります。
「相手を受け入れること」です。
一度相手の意見を受け入れたうえで、自分の気持ちを伝えます。
そうすることで、相手に自分の意見を否定しているわけではないことが伝わりやすくなります。

 

喧嘩の内容にもよりますが、相手の人間性が原因で喧嘩した場合は、3ヶ月以上期間をあけて、相手が改善したことを確かめてから会うことをおすすめします。

 

他にも復縁の方法はたくさんあるので、自分に合った方法で頑張ってみてくださいね。

 

こちらの記事もチェックしてみてくださいね。

 

 

【要注目!】復縁成功のカギ!切り出す手段はこれ